花・はな日記
 ねむの花の団員達が、日々の忙しない日常の中、感じていること、
 思っていることをつづ ります。
 取り組んでいる曲について…、練習のこと…、その他 諸々…。
 ちょっと、のぞいてみてください。



   心の言葉  ◆  A  2013.3.6


随分お久しぶりになってしまいました。
ソプラノのAです!

2009年に初めて花はな日記を書いたとき、「ねむの花、最年少団員です」と自己紹介をしたときから早4年…
いまだに最年少です\^^/

4年の間に私は大学を卒業し、まもなく社会人2年目を迎えます。

もちろん、「歌をうたうこと」が何よりも大好きで、私の生き甲斐ですから

仕事:歌=2:8

というような生活です♬




今日は卒業してから、常に心の中にある言葉を紹介します。

大好きなソプラノ歌手マリア・カラスが遺した言葉です。

Nel canto, tutti, siamo studenti fino alla morte.
(歌に関して言えば、私たちは死ぬまで学生なのよ。)

学生時代はなかなかピンと来ませんでしたが、卒業してからはこの言葉が私のやる気を起こしてくれ、支えになってくれています。

あせらず、おごらず、あきらめず、「死ぬまで学生」頑張ります。
歌は日々努力なのです!!!









 これまでの日記 


 
花・はな日記
ねむの花
〈心の歌・歌のこころ〉
指揮者
プロフィール
団員のページ
リンクのページ
演奏会のお知らせ
団員募集
ねむの花について
HOME
心の歌・歌のこころ